職員紹介

介護が主役の施設です

光の苑の介護職は、生きる幸せを提供します

「介護が主役」光の苑では、充実した生活をサポートする専門職である介護が職種の中の主役です。介護スタッフ一人一人が、それぞれの思いや考えを存分に出し合い、のびのび仕事のできる環境です。
「チームケア」
お一人お一人の生活をどのように充実させていくかを考える時、介護職を中心としてチームで知恵を出し合います。さまざまな病気や障害をお持ちの方々の生活をより充実させるためには、介護だけではなく、看護やリハの知恵や観察が必要となりますし、特に栄養士と調理師の手腕により食の喜びを高めることもできます。お部屋の快適な生活空間を作るために業務スタッフの工夫や知恵を頼りにもしています。互いの良さと専門を尊重することで同じ目標に向かっていけるのが光の苑のチーム力の高さです。
「自分が受けたいケア」とは、そんなチーム全体で意見を出し合い、認知症をはじめとしたさまざまな病気や障害があっても幸せな日々を送っていただくために、より質の高いケアを日々追求しています。もし私自身が認知症になったら、家族だったら、こうしてほしいんじゃないかという想像力を大切にしています。
「一歩先んじる」施設、光の苑はそんな施設をめざして仕事をしています。認知症ケアについては、手さぐりではありましたがどこよりも早くケアを確立してきました。また、ユニットケアの手法やあり方についても同様です。これからもさらに進化させたケアを希求していきます。
「傾聴」光の苑はすべてにおいてまず、傾聴から始めることを重んじています。光の苑には認知症を患い、言葉を失った方が大勢いらっしゃいます。私たちは、言葉は失えど、利用者の表情やしぐさで、私たちに何を求めているのかを一生懸命にお聴きします。また、言葉では十分に表現しきれない言葉と言葉の間にある本当の思いに意識を集中してお聴きします。そんな姿勢から心を通じ合わせるケアを行っています。
光の苑には、このようにいくつかの大切にし続けているケアへの構え、思いがあります。その方が生きてこられた道を知り、尊重し、そして安心して最期の時まで寄り添えるケアを行っています。
「介護道」介護という仕事は奥深く大変な仕事です。大変さ以上に喜びも大きい仕事だと思います。「心の仕事」極めたいと思える道が、ここ光の苑にはあります。一緒に、心の仕事を極め、感動を分かち合いませんか?

看護は暮らしの中で健康を守ります

幸せな生活を送りたい。たとえ、病気になっても、治る見込みのない障害があっても、それは誰もが望む思いであり、実現する権利があります。看護は、医療の専門的立場から、「暮らしの継続」をするため、「希望を叶える」ため、どのように体調管理をしていけばよいのかを見極めます。例えば、寝たきりだった人を家に帰したい。そのためには座ることができなければならない。そのためには、おしりや背中の皮膚にトラブルがあってはいけないし、血圧にも注意が必要です。どのように体調を整えていくか。これが、光の苑の看護体制です。

キッチンは命を感じる食事を提供します

光の苑のキッチンは、調理師ならではの食にこだわりを持った個性ある部署です。光の苑は施設ではありますが、家庭的な食事を提供することを方針としています。スチームコンベクションや真空調理器など、すぐれた調理器具を使って、おいしい食事を提供しています。たとえば、壱岐の人々にはなじみのある、刺身や焼き魚はもちろんおなます、およごし、ひきとおしなど、家庭で作り味わってきた献立を多く取り入れています。また、梅干しやらっきょう漬け、その他の漬物などをご利用者と一緒に作ったりもしています。

業務はチーム力でお部屋をピッカピカにしています

「業務」というと堅い真面目なイメージがありますが、そんなことないですよ。みんなそれぞれ個性的で、困ったときはフォローし合える仲間で、利用者のお部屋など生活の場をきれいにお掃除したり、洗濯物をたたんだり、思いの優しいチームです。毎日毎日、お一人お一人がご自分のお部屋で安心して居心地よくすごしてもらうために、掃除をしたりシーツ交換したりしています。時には窓拭き、床磨きもしていますよ。私たち業務のチームは、お掃除が大好きで、こだわりをもって仕事をしています。光の苑は、互いに意見を出し合って、もっといい仕事の仕方を考えたり、もっときれいなお部屋にしようと協力しあっています。チーム力が光の苑の魅力だと思います。光の苑には、私たち業務も含めていろいろな職種が集まり、一つの大きなチームを作っています。それぞれに違う魅力があって、やりがいのある職場です。ぜひ一度足を運んでみてくださいね!

事務以外もできる、事務所です!

光の苑の事務所には、開設当初から、いつも多くの利用者のみなさんが顔を見せてくださいます。一緒にお茶をのむこともありますし、ごはんを食べることもあります。新聞を読んだり、このごろはグーグルアースで世界中を旅したり、YOU TUBEで好きだった音楽を聴い
たりもします。
ですから、光の苑の事務職員は経理や事務処理はもちろんですが、利用者の方とのやりとりを含め、それ以外でもたくさんの仕事をしています。利用者の方とそのご家族との橋渡しで、お電話を取り継いだり、お花や雑誌をお部屋にお届けしたり。
ユニット内やお部屋の備品類の不具合にはすぐ対応をしております。またお部屋だけでなくお使いいただく施設全体の安全、快適な生活空間を保ち、よりよい設備にしていくために、さまざまな工事や整備も責任を持って行っております。苦情やご要望、ご相談の窓口でもありますので、気になることがあれば、小さなことでも構いませんので、いつでもお声かけください。日ごろの利用者のみなさんのご様子もお伝えできるように、事務職員も積極的にユニットに出向くようにしております。